読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己啓発書を読み、レバレッジメモを取る

自己啓発書を読んで使えそうな所を抜粋してメモしていくブログです。

マンガでやさしくわかるコーチング

コーチングとは

クライアントの行きたい場所に連れていく手法のこと。

 

コーチングの進め方

 

コーチングの進め方とコーチングについての説明

②クライアントの目標、得たいものを確認

③信頼関係づくり(自己開示)

 

コーアクティブコーチン

 

コーチングをする人と、クライアントが対等の関係のパートナーとして接しなければならない。

お互い力を合わせて、クライアントの望む人生を生きられるようにする。

 

要望のスキル

クライアントの主題に沿ってクライアントの行動を促すスキル

・具体的な行動の内容

・行動が満たされるための条件

・いつまでに行うかの期日

 

を聞く。

選択権は、クライアントにある。

 

挑戦のスキル

クライアントが自ら設定した限界をはるかに超えるような要望をあえて出すことで、クライアントが自分自身の枠に気づき可能性を広げるためのスキル

一年後に10kg痩せる

いや、三か月で10kg痩せましょう。

 

・具体的な行動

・いつまでか

・満たすべき条件

 

構造化のスキル

 

クライアントが自ら掲げた目標、ビジョン、行動などを忘れないように

常に意識するための工夫をすること

 

何らかの仕組みを提供する

例えば、目標を携帯のメモ張にかくのはどうですか?など

 

 

確認のスキル

クライアントが自らやるといったことを実際にやったか、またその結果を本人の口から責任をもって説明してもらうためのスキル

・あなたは何をしますか

・いつまでにやりますか

・その結果をどのように伝えてくれますか

 

振り返りのスキル

行動した後に聞くこと

・うまくいったことは何ですか?

・うまくいかなかったことはなんですか?

・次にやるときは、どこをどう変えますか?

・何が障害でしたか

・どのように障害を取り除きますか?

 

・コーチは、この時、評価的な態度を取らない。

・現状と結果を聞いて、次どうするのかを聞く

 

 

 

 

コーアクティブモデル

1、人はもともと何でもできる